利用履歴は共有される

カードローンでお金を借りたとしても威圧的な取立てはありません。カードローンは借り過ぎて返済ができず、取り立ての恐怖のあまり自殺してしまうような人もいました。

 

現在は借り過ぎがないよう借入額に制限が設けられ、追い詰めるような取立ても禁止されています。借りたお金が返済できなくなったとしても、追い込まれるわけではありません。ただし、カードローンの返済が滞ると各種ローン審査に影響を与えるので注意が必要です。

 

カードローンで借りたお金についての情報は、信用情報機関という所に記録が残ります。いついくら借りたのか、残債が残っているのか、過去に支払が遅れた事例がないかなど、信用情報機関に加盟している企業は閲覧ができます。

 

もしも返済が遅れてしまうと、支払いの遅延情報が残ってしまいます。そしてこの情報は、クレジット会社やローン会社も閲覧できるので、他社のローン審査にも影響を与えてしまいます。

 

また、この情報はカードローン審査時にも影響を与えます。過去にローン関連で支払の遅れがあった人や、現在複数社のローンを利用している場合、過剰貸し付けにならないか確認されます。この情報は申告時に嘘をついても調べられてしまうので、注意が必要となります。

 

支払いが負担で遅れや不足入金になりそうといった場合には、借り換えを考えるのも有効です。特に負担が大きくなるリボ払いで利用をしている場合には、リボ払いからの借り換えで利用ができるオリックス銀行カードローンで借りることを考えておくと、今後の支払いが楽になる可能性があります。